蓄電池ライフメインイメージ

太陽光の有効活用なら蓄電池

環境問題が世界的に取り上げられ、ここ日本でも徐々にエコの意識が浸透していき、今では環境に対する意識が低いと、非難の対象とされるほどです。
中でも、環境にやさしい自然エネルギーは、当初から注目され、特に自然エネルギーの代表ともいえる太陽光発電は企業だけでなく、一般家庭にも広まり、屋根にソーラーシステムを装備している家も珍しくなくなりました。
そこまで普及している太陽光発電ですが、実際にそのエネルギーを最大限に利用できているのでしょうか。
せっかく自宅で発生させた電気も無駄になっていてはエコの意味がありません。
そこで近年フィーチャーされているのが蓄電池です。呼んで字のごとく、電気を蓄えておけるシステムです。
太陽光で発電した電気を蓄電池に貯めておけば、太陽光のない夜間でも昼間発生させた電気を使うことができます。さらに蓄電池があれば、突然の停電時にも、電力会社の復旧対応を待たずに、蓄電池の電気を使えるので、通常の生活を送ることができます。
地震や台風などの災害時に電気が使えないのは大変困ります。今の時代、携帯電話・スマートフォンが重要なライフラインの一つともいえますから、バッテリー切れの心配からも解放される蓄電池の存在はとても大きいですね。
このサイトでは蓄電池に関する基本的な情報をまとめて紹介しますので、太陽光発電・蓄電池の導入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

全メーカー対応!蓄電池のネットショップ
蓄電池業界初!10年自然災害補償で安心。
環境省認定「うちエコ相談員」が最適な蓄電池システムや太陽光発電をご提案します。
見積りだけでもOK。お気軽にご相談ください。
https://ecodenchi.com/
  • 蓄電池と太陽光

    蓄電池とは何か、そして太陽光発電とはどんな仕組みなのか、まずは基礎知識を学びましょう。 蓄電池といっても様々な種類があり、普段わたしたちが一般的に使うような単3型の充電式電池も蓄電池のひとつです。 また最近では電気自動車もよく街中で見かけるようになりましたし、大型のショッピングセンターや高速道路のパーキングエリアでは 電気自動車用の充電スタンドの設置普及率は徐々に伸びてきています。そんな電気自動車にも蓄電池は使われています。 では家庭用蓄電池とはどんな仕組みなのでしょうか。

    蓄電池と太陽光

  • 蓄電池の容量と寿命

    蓄電池を選ぶ際のポイントとして挙げられるのが、蓄電池の容量と寿命、すなわち耐久年数です。 利用する家庭のライフスタイルや住宅の広さなどでも必要となる蓄電容量は異なってきますので一概に「この容量がベスト!」とは言えないんですが、 家族構成や電気を多く使用する時間帯、毎月の電気使用量などは前もって把握しておくべきです。 また、蓄電池の寿命については独特の単位「サイクル」の回数で計算されます。高額な初期費用が無駄になってしまわないように、各メーカーの製品ごとに綿密に比較しましょう。

    蓄電池の容量と寿命

  • 蓄電池のメリット・デメリット

    ソーラーパネルと家庭用蓄電池を導入するのであれば、前もってメリット・デメリットを知っておく必要があります。 せっかく高額な費用を掛けて設置するのですから、後悔のないようにしたいですよね。蓄電池のメリットは、貯めておいた電気を災害時に使えることや、 太陽光で自家発電した電気の売電や、有効利用など、たくさんあります。でも、何事においてもデメリットはあるものです。 高額な設置費用や、適切な設置場所の確保など、懸念材料はたくさんあります。それでも家庭での蓄電は環境にやさしい生活の第一歩です。

    蓄電池のメリット・デメリット